豆乳ローションの効果について

豆乳は美容にも良いと言われていて、美容液や化粧品等のスキンケア化粧品の成分としても使われていることが多いでしょう。口から摂取して体内に取り入れるだけでなく、肌から取り入れても美容の効果が高いのが特徴です。

豆乳で作られたローション

豆乳ローションと聞くと、美容液の様なイメージを持っている人もいるかも知れないのですが、実は脱毛に関係があります。これは美容のために作られているのではなくて、無駄毛の処理をすることができるローションです。天然の素材のものだけで使って作られているので、肌への影響もほとんどなく安心して使うことが出来るということで人気を集めています。

どのようなメカニズムでムダ毛の処理ができるのか

どのようなメカニズムを持ってムダ毛の処理をすることができるのか、不思議に思っている人も多いですよね。大豆には、大豆イソフラボンという女性ホルモンのエストロゲンに似ている成分が含まれていますが、これがムダ毛の原因の男性ホルモンを働かないようにしてくれるのです。

市販されているものだけでなく手作りできる

ムダ毛の処理をすることを目的として市販されていますが、市販されているだけでなく実は、手作りすることも可能です。自分でもムダ毛処理をすることができるローションを作ることができるのです。材料は成分無調整のタイプの豆乳、そしてレモンの絞り汁、消毒用のアルコールです。弱火で温めて、かたまってきたら、火を止めてレモン汁を入れます。消毒用のアルコールを火を止めてから加えます。そして全体をよくかき混ぜてからガーゼやさらしなどを使ってこします。搾りかすは捨てます。清潔な容器に入れてあとは1週間以内に使い切ればOKです。肌が弱い人や敏感肌の人は、使用前に、一度パッチテストを行っておくと安心です。これで自宅で自分でムダ毛処理のためのローションを作ることができます。肌にとっても優しいですし、カミソリ等でこれまでゴシゴシこすりながら剃っていた人は、目には見えていないかもしれませんが、実際は肌がとても傷ついていた可能性があります。傷つけずにムダ毛の処理をしたいと思っている人におすすめです。

美容に効果的

ムダ毛処理だけでなく美容液等も発売されています。大豆由来ですので、肌に優しく、しっとりとするのが特徴です。もしこれから肌のことを考えて何か始めたいと思っているのなら、一度売り場で確認してみてもいいかもしれません。